トップ / 省エネ住宅を工務店で実現させる

省エネ住宅を工務店で実現させる

暖かい家を工務店で

省エネ住宅は工務店に相談を

最近の住宅には、経済的なことも考えて省エネ対策が施された家が多く見られます。これから省エネ住宅を建てたいと思っている場合には、まず工務店に相談をします。見積もりをする時にも、通常の建て方と、省エネ対策を施すのでは見積もり額が変わってくる可能性があります。具体的には、窓を二重にしたり、風通しや日当たりなどを考慮して窓の位置を決めたりします。工務店によっては、断熱性のよい素材を選んだり、その他の工夫を知っている場合もあります。太陽光発電システムを設置するならば、それに耐えられる屋根にする必要もあります。ですから、まずは相談が大切です。

工務店,ちく

工務店が推奨する省エネ対策

新しく家を建てる時などに、寒冷地にお住まいの方にとっては冬場の暖房について検討される方もいます。相談を受けた工務店としては、暖房対策と省エネ対策の二つの点から蓄熱暖房機の設置を推奨するケースが多いです。蓄熱暖房機の特徴は、夜間電力を用いて蓄熱レンガを温めておき、それを日中などの時間にファンで送風することで温風を出して、部屋全体を暖める仕組みとなっています。夜間電力を使うため、日中の電気料金の3分の1程度で済み、しかも自然放熱で部屋を暖めるため、クリーンエネルギーで省エネ対策にも効果があります。工務店に導入を相談すれば、それに対応した部屋の設計を検討してくれるケースも多いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店で仕様する断熱材. All rights reserved.